メインイメージ画像

必要な金額を計算!

我々の強い味方になってくれる教育ローンですが、その選び方に関して何点かのポイントがあると思われます。
一つ目ポイントは実際にいくら教育費がいるかという点でしょう。現に、教育準備金としているお金は入学金に限らず生活費等も含有されます。どの程度を教育ローンに頼るかに依存して、必要な金額も異なってきます。その額により、借入金の制限のある銀行等では融資してもらえない可能性も考えられます。
二つ目ポイントは金利が固定形式か変動様式かという点です。

変動タイプの方が固定金利よりも低い金利にしてあります。しかし、変動様式は景気次第では高くなる危うさもあります。多少、高金利でも返済の計画の立てやすい固定方式を一押しします。

どんだけ教育を目的としていても、教育ローンが借金である以上、返済は義務に言えるでしょう。その返却が理由もなく、延滞を繰り返すと信用を失うことになり後の融資等が組めない危険性もあります。

もし、有担保を条件に教育ローンを使用していた場合、物件が差し押さえられてしまう危険性もあるでしょう。仮に、無担保で教育ローンを使っていた場合、保険機構に債務が移り全額返金を求められることは多数あります。そんな事態を回避するためにも、何らかの理由で日々の支払いができない時は最初に金融機関に相談をしましょう。
一回当たりの支払額を減らしてくれたり、支払いの猶予期限を設けたりしてくれます。最悪の状態にならないために、該当機関に早急な連絡をして下さい。

更新情報